リオハの最上地区「リオハ・アラベサ地区」にて
フリオ・ファウスティーノ・マルティネス氏が情熱を注ぐ、特別なワイナリー!

銘醸地リオハ・アラベサで伝統派、モダン派のどちらも惹きつけるワインを生み出すボデガス・カンピーリョをご紹介いたします
campillo_1

リオハ・アラベサ地区   ボデガス カンピーリョ

圧巻の熟成セラー    ワインのご紹介

リオハ・アラベサ地区

map バスク州アラバ県に位置するアラベサ地区は、リオハの中で最も北に位置しており標高は最高で700m、大陸性気候の影響を受けた大西洋気候となります。冷涼ながら、カンタブリア山脈によって冬の冷たい風から守られるこのエリアは「ゴールデンソイル」と言われる白亜質に富む粘土石灰質の土壌から、色が濃く香り高い、幅広いタイプのワインが造られます。
 

ボデガス カンピーリョ

campillo_2campillo_3
ファミリア・ マルティネス・サバラ(旧ファウスティーノグループ)が所有するワイナリー。 グループを率いるドン・フリオ・ファウスティーノ・マルティネスが特に情熱を注ぎ、リオハで初めて、ワイン造りと建築とのコンセプトを融合させたスタイルのワイナリーを建立しました。

ボデガ名の「カンピーリョ」は、ファウスティーノが最初に所有していたブドウ畑の一つから名付けられたとされています。
持続可能な環境づくりにも注力しており、2023年にはスペインワイン連盟(FEV)により創設されたサステナビリティに関する新認証SWfCP(Sustainable Wineries for Climate Protection)を取得しました。
 

圧巻の熟成セラー

campillo_4 campillo_
訪問記にも記載していますが、T字型のワイナリー建物全体がセラーになっており、その地下には圧巻の光景が広がっています。 区切られたスペースでは約6000もの樽がゆっくりと熟成の時を経ています。
更に整然かつ壮観なボトルセラーでは、バックヴィンテージも含め様々なヴィンテージのワインが熟成されておりまさに圧巻の風景です。

ワインのご紹介

今回はカンピーリョのアイテムの中からカジュアルに楽しめる2アイテムとプレミアムワインの3アイテムをご紹介させていただきます。
986
商品名
CAMPILLO EL NINO DE CAMPILLO
エル ニーニョ デ カンピーリョ 2020
番号
V986
クラス
DOCaリオハ
品種
テンプラニーリョ100%
「少年」を意味するエル・ニーニョ    その名の通り若いうちから楽しめるスタイル
除梗後、ブドウの実を潰さずにタンクに入れ、セミ・マセラシオン・カルボニックを行い低温発酵。フルーティなアロマを保ち、タンニンを抽出し過ぎず、飲み心地の良さを意識した造りです。
さらに、アメリカンオークの新樽でマロラクティック発酵と6か月の熟成をすることで、「フレッシュ感」と「口当たりのなめらかさ」を併せ持ったバランスの良い味わいに仕上がっています。
カジュアルながら、リオハらしさをしっかり味わえる貴重な一本!
2238
商品名
CAMPILLO CUVEE
カンピーリョ キュヴェ 2020
番号
V2238
クラス
DOCaリオハ
品種
テンプラニーリョ100%
チャーミングな果実味と洗練された雰囲気を備えた    カンピーリョの新たなキュヴェ
30,000Lタンクで温度管理をしながら発酵。その後アメリカンオークで最低8カ月の熟成。
エル・ニーニョはセミ・マセラシオン・カルボニックでよりフレッシュな印象に対し、こちらはアメリカンオークで8カ月の熟成を行い、トーストやバニラ、ココナッツなどの甘やかな香りも心地よく親しみやすさと程よい飲みごたえを両立した一本です。
 
プレミアムワインの3アイテムについては、次のような共通点があります
@ 15kgの小箱を使用し手摘みによる収穫。
A 使用する区画は全て標高が高く、DOCaリオハの平均標高500mに対し、650mに位置(単一畑のクエスタ・クララは560m)
・昼夜の温度差が大きく、良質な酸を持った熟成ポテンシャルの高いブドウが得られる。
・暑さの影響が少ないため、アルコール度が低く飲みやすいワインになる。
B 10,000Lの小さなステンレスタンクで、区画ごとのマイクロ醸造を実践。
 
2664
商品名
CAMPILLO GRAN RESERVA
V2664カンピーリョ グラン レセルバ2009
V2907カンピーリョ グラン レセルバ2008
クラス
DOCaリオハ
品種
テンプラニーリョ90%・グラシアーノ10%
※2009年・2008年ともに数量限定品
カンピーリョの真骨頂!長期熟成のポテンシャルを実感できるグラン レセルバ! 収量4,500kg/ha
フランス(アリエ)産の新樽にて30ヶ月熟成
2009: 完熟フルーツ、スパイス、シダーなど複雑で深みのあるアロマ。 上質な酸があり、バランスのよい味わい。 ホワイトチョコレートを思わせる長い余韻にスパイシーなフィニッシュ。
2012年6月瓶詰め。
2008: 熟した赤果実にスパイスや樽の風味が複雑に溶け込んだアロマ。 滑らかな口当たりで余韻は長く、非常にバランスのとれたまろやかな味わい。
2011年6月瓶詰め。
199
商品名
CAMPILLO FINCA CUESTA CLARA RARO RESERVA
カンピーリョ フィンカ クエスタ クララ ラロ レセルバ 2008
番号
V199
クラス
DOCaリオハ
品種
テンプラニーリョ ペルード100%
RARO<レア>の名の通り、希少品種から造られる単一畑のワイン!    収量はわずか1,500kg/ha!

テンプラニーリョ・ペルードは希少品種。低収量で、葉裏に毛が生えていることが特徴。フルーティでエレガントですが、樽熟成にも耐えうる優れた品質の品種です。この品種はリオハでしか見つけることができず、現存するのはわずか15haのみ。カンピーリョはその半分(7.5ha)を所有しています。
超低収量と徹底した選果により凝縮されたアロマとエレガントなボディ、見事なストラクチャーを持つワインです。
2955
商品名
CAMPILLO 57 GRAN RESERVA
57(シンクエンタ イ シエテ) グラン レセルバ 2013
番号
V2955
クラス
DOCaリオハ
品種
テンプラニーリョ80%・グラシアーノ15%・カベルネソーヴィニョン5%
「例外的にカベルネ・ソーヴィニヨンの使用を認められた特別なワイン!
収量4,000kg/ha
フランス(アリエ)産の新樽にて24カ月以上の熟成
DOCaリオハはカベルネ・ソーヴィニヨンの使用が禁止されていますが、 カンピーリョはその歴史の深さと品質の高さから例外的にその使用が認められました。
ファウスティーノ家の4代目に当たる1957年生まれのホセ・ミゲルを記念したワイン。コンセプトはフルーティでモダンなグラン・レセルバ。オークの複雑かつリッチなアロマに完熟オレンジのニュアンス。
少量のカベルネ種がキレイな酸をもたらす熟成ポテンシャルの高い一本です。
その他のカンピーリョワインの一覧はこちらから
▲TOPへ

飯田