5月13日東京で開催しましたイタリア試飲会の速報です!
良かったワインのアンケート結果をお送りいたします!
★アンケート結果 第1〜5位+次点

弊社東京営業所では5月13日(月)にイタリア試飲会を開催いたしました。
今回は生産者3社をお招きしての試飲会となり大雨の予報にもかかわらず、多くの方にご来場いただきました!
お越しいただいた皆様本当にありがとうございました。
さっそくですが、今回の試飲会では98アイテム出展!
お越し頂いたお客様それぞれに気に入ったアイテムを見つけて頂いた方が多くあり大変嬉しく思います!

アイテムリストはこちらから

アンケート結果

第1位

2493
商品名
CASCINA ADELAIDE BAROLO CANNUBI2
カッシーナ アデライデ バローロ カンヌビ 2018
番号
V2493
国・地域
イタリア・ピエモンテ州
クラス
DOCGバローロ
品種
ネッビオーロ100%
昨年の11月より取り扱いをスタートしたカッシーナ・アデライデ!
こちらのカンヌビを含む、他のバローロも入荷して半年が経過し 味わいも落ち着きが出て来ました!
カッシーナ・アデライデはバローロのクリュを多く所有し、 今回の試飲会でも5つのクリュの単一を出展しておりました
その中でもひときわエレガントなこのカンヌビがアンケート結果1位となりました!
アデライデのカンヌビは非常に良いロケーションにあり、 所有するクリュの中でも一番エレガントなスタイルになるとのことです!

【ワイナリー情報】カッシーナ・アデライデから若き当主キアラ氏とお母さまに来日頂きました!
CASCINA_ADELAIDE

第2位

2363
商品名
SILVIO NARDI VIN SANTO OCCHIO DI PERNICE
シルヴィオ ナルディ ヴィン サント オッキオ ディ ペルニーチェ2016
番号
V2363
国・地域
イタリア・トスカーナ州
クラス
DOCヴィンサント デル キアンティ
品種
ブルネッロ(サンジョヴェーゼ)70%・マルヴァジアネッラ30%
同じく、今回来日頂いたのが弊社でも長く取り扱うブルネッロ・ディ・モンタルチーノのシルヴィオ・ナルディから 甘口ワインのヴィンサントに注目が集まりました!
ヴィンサントは通常白の品種を使うことが多いのですが、こちらはサンジョベーゼも使っている点が他の生産者と異なるそうです。
濃密な甘さにビスコッティを合わせてみたいですね!
------------------------------------------
<ヴィンサントに関して>
残念ながら元々の入荷数が少ないこともあり、完売となりました。
次回入荷は未定となります。

------------------------------------------

今回はゼネラルマネージャーのマルコ氏に来日頂きました!
SILVIO_NARDI_marco
***参考***
また今回時点でしたが、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノもちょうど2016年ヴィンテージへ変更となり、 まだ若いというお声もありましたが近年で最高ともいわれる2016年ヴィンテージをこの機会にご検討いただければと思います!
160
商品名
SILVIO NARDI BRUNELLO DI MONTALCINO
シルヴィオ ナルディ ブルネッロ ディ モンタルチーノ 2016
番号
V160
国・地域
イタリア・トスカーナ州
クラス
DOCGブルネッロ ディ モンタルチーノ
品種
ブルネッロ(サンジョヴェーゼ)100%
エステート最良のブドウのみを使用し、リリースまでには約3年の歳月を要する。
バローロと並びイタリアを代表する赤。

第3位

2413
商品名
FATTORI RECIOTO DI SOAVE
ファットリ レチョート ディ ソアーヴェ 2016
番号
V2413
国・地域
イタリア・ヴェネト州
クラス
DOCGレチョート ディ ソアーヴェ
品種
ガルガネガ100%

もう一つの来日生産者であるソアーヴェの名手、ファットリからこちらも甘口ワインがランクインしました!
------------------------------------------
<レチョート ディ ソアーヴェに関して>
残念ながらこちらも入荷数が少なく、現時点で残りわずかとなっています。
無くなり次第、2017年(参考価格4,900円)に切り替わります。

------------------------------------------
今回は甘口がランクインしましたが辛口のソアーヴェも大変好評を頂きました!


今回は当主アントニオ氏の姪っ子にあたるキアラ氏に来日頂きました!
FATTORI_kiara

第4位

2555
商品名
MONTETI CABURNIO
モンテティ カブルニオ2015
番号
V2555
国・地域
イタリア・トスカーナ州
クラス
IGTトスカーナ
品種
カベルネソーヴィニヨン50%・メルロ25%・アリカンテブーシェ25%
第4位にはモンテティ・カブルニオがランクイン!
トスカーナのボルドーブレンドタイプでヴィンテージも2015年!
濃いめながら滑らかな口当たりが人気の秘密でしょうか?
ラベルの岩は最初にワイナリーを興した際、畑の土を掘り返したときに出てきたものだそうです
あまりにもたくさん出てきて印象的だったのでそのままラベルに使っているとのことです!

同率第5位

2108
商品名
CASCINA ADELAIDE BAROLO PREDA
カッシーナ アデライデ バローロ プレダ2018
番号
V2108
国・地域
イタリア・ピエモンテ州
クラス
DOCGバローロ
品種
ネッビオーロ100%
第1位のカンヌビに続き5位にランクイン!
カンヌビに比べて肉厚で力強さもあるプレダ!
それでいてパワフル過ぎない滑らかさも備えたバランスが非常に良いバローロではないでしょうか
ちなみにワイナリーに一番近くに位置するプレダの畑はワイナリーにとっても一番重要な畑とのことです!

同率第5位

2477
商品名
CASCINA ADELAIDE BAROLO RISERVA ELEN
カッシーナ アデライデ バローロ リゼルヴァ エレン2015
番号
V2477
国・地域
イタリア・ピエモンテ州
クラス
DOCGバローロ リゼルヴァ 
品種
ネッビオーロ
同じく5位にランクインしたのがカッシーナ・アデライデのバローロ・リゼルヴァ・エレン!
エレンは創業者の奥様の名前(Elena)が由来でワイナリーで造る唯一のバローロ・リゼルヴァです
・バローロ村のクリュ・カンヌビの区画…エレガント
・ラ モッラのクリュ・フォッサーティの区画…パワフル
2つの区画のブドウをブレンドして造られています
名前の由来になっているエレナ女史のような優雅ながら芯があり、パワフルなワインを造りたかったためこの二つの畑をブレンドにしているとのことです
また他のバローロとは違いエレンのラベルだけ黒いのもエレナの真っ黒な髪色のためであり、いつも真っ赤なリップをつけていたため赤文字を使っているとのことです
2015年ということもあり、すでに楽しめる状態かと思いますがまだまだ若い!というお声もあり、これからも期待が持てるワインではないでしょうか


次点
448
商品名
VALLE DELL’ACATE CERASUOLO DI VITTORIA CLASSICO
ヴァッレ デッラカーテ チェラスオーロ ディ ヴィットーリア クラッシコ2013
番号
V448
国・地域
イタリア・シチリア州
クラス
DOCGチェラスオーロ ディ ヴィットーリア クラッシコ
品種
ネーロダヴォラ60%・フラッパート40%
まず一つ目が2013年のシチリア!
シチリアで唯一のDOCG、チェラスオーロ ディ ヴィットーリア クラッシコのワインです
シチリアの土着品種、ネーロダーヴォラとフラッパートのブレンドで造られます!
在庫の関係もあり長らく2013年を販売してきましたが昨年来より非常に飲み頃の状態を維持しています!
価格も、当時のままでまさに今がチャンス!2013年は残り数ケースとなっています

次点
495
商品名
SAN FRANCESCO CIRO ROSSO CLASSICO
サン フランチェスコ チロ ロッソ クラッシコ2021
番号
V495
国・地域
イタリア・カラブリア州
クラス
DOCチロ クラッシコ
品種
ガリオッポ100%
サンフランチェスコはカラブリアのワイナリーです
カラブリアの地品種、ガリオッポを中心に造っています
今回はベーシックタイプのこちらのチロ・ロッソが時点に入りました!
若いヴィンテージでも十分に楽しめる強すぎない味わいが人気でした

次点
496
商品名
SAN FRANCESCO CIRO BIANCO
サン フランチェスコ チロ ビアンコ2022
番号
V496
国・地域
イタリア・カラブリア州
クラス
DOCチロ
品種
グレーコビアンコ
同じく次点にチロ・ビアンコも入りました!
赤白そろって人気だったことはうれしい限りです!

------------------------------------------
<チロ・ロッソ、チロ・ビアンコの価格について>
こちらの2アイテムは残念ながら7月から価格改定の対象となりました
参考価格2,200円→2,500円(税別)となります

何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします
------------------------------------------


改めまして試飲会にご来場いただきました方、本当にありがとうございました!
本試飲会で気になったワインがあった方は気軽にお問い合わせを頂ければと思います
引き続きよろしくお願い申し上げます!

▲TOPへ

飯田