地区 : ボルドー
CHATEAU DE CAMARSAC
シャトー ド カマルサック
◆アントル・ドゥ・メールで700年の歴史を誇るシャトー◆
アントル・ドゥ・メールの中心部カマルサック村に位置するシャトー・ド・カマルサックは、14世紀に建てられた700年の歴史あるシャトーです。1973年にリュシアン・リュルトンの所有となり、畑の改良とセラーの改装が行われ、2007年から5男のティエリー・リュルトンがオーナーとなっています。現在、シャトーでは環境保全型農業を実践し、アントル・ドゥ・メールのテロワールの多様性と品種に応じたワイン造りを行っています。2018年にはHVE(環境価値重視)認証を取得しました。
所有する畑150haのうち作付は84ha。丘陵地帯で土壌が多様なので、メルロ、カベルネソーヴィニヨン、カベルネフラン等、様々な品種を栽培しています。収穫は、ブドウの果実や果皮、そして種の成熟度合いを厳しくチェックして行います。料理人が素材によって調理法を変えるように、タンニンが少ないブドウにはステンレスタンクを使いフルーティに、タンニンが豊富なブドウには樽を使い長熟なワインに仕上げます。素材のクオリティを重視し、果実の風味がよく出た素直に美味しいワインが造られています。 
シャトーのオーナー、ティエリーは元教育者。心身に問題を抱える子供たちの教育に携わっていましたが、姉のソフィーのカーヴで非凡なテイスティング力が発覚し、ソフィーの勧めもありワイン造りに従事することを決意しました。ティエリーのポリシーは次世代に繋がる仕事をすること。ワインは製品ではなく、歴史的な背景があってこそのものであり、過去から未来へ受け継がれていかなければならないと語ります。シャトーでは、ビオロジックとは違ったアプローチで、環境保全に取り組んでいます。例えば、ビオロジックではトリートメントとしてボルドー液が認められますが、雨が降るたびに散布が必要となります。トラクターの使用頻度が上がることで生じるガソリン消費の増加や空気汚染、土壌の凝固などのデメリットを考え、必要最小限の農薬は使用しています。また、雨水や排水の再利用やソーラーシステムの導入など、自然のものの価値を意識するという、将来に向けた意識改革として実践しています。
ワイナリー公式HP
http://www.camarsac.com/
【取り扱いワイン一覧】
商品コード 商品名 年号 クラス 味わい 価格 終売 品切れ
ティエリー リュルトン カマルサック
2018
ACボルドー
辛口
1800
終売

シャトー ド カマルサック キュヴェ プランス ノワール
2019
ACボルドー シュペリュール
辛口
2400


シャトー ド カマルサック ボルドー シュペリュール
2017
ACボルドー シュペリュール
辛口
2400
終売

シャトー ド カマルサック プレスティージュ
2016
ACボルドー シュペリュール
辛口
3600


ティエリー リュルトン ブラン ド カマルサック
2019
ACボルドー
辛口
1800
終売

シャトー ド カマルサック アントル ドゥ メール
2018
ACアントル ドゥ メール
辛口
2100
終売

シャトー ド カマルサック ボルドー ブラン
2021
ACボルドー
辛口
2800


輸入元:(株)飯田   https://www.iidawine.com/