地区 : アルザス
DOMAINE ZINCK
ドメーヌ ジンク
◆テロワールからの個性を最大限に表現した、いぶし銀のように光るワイン◆
ドメーヌ・ジンクは1964年にポール・ジンクによって設立されたエギスアイムにあるドメーヌです。息子のフィリップが1996年にドメーヌに参画し8haだった畑を14haまで拡大させました。現在は、フィリップを中心に5人のスタッフによって運営されています。生産はAOCワインのみで、テロワールからの個性が存分に発揮されたワインを生み出しています。区画毎に管理し、手摘みで収穫を行い、フルーティさやアロマを大切にするため醸造にはフードル(1,000〜3,000L樽)を使用するなど、細部にまでこだわったワイン造りを行っています。
◆ワインに大きな影響を与える「畑」「土壌」◆ ドメーヌ・ジンクでは、14haを40の小さい区画で管理しています。この区画毎の違いがワインの違いに繋がり、 フィリップは「画家が色を作るようなものである」と表現します。ワインの味わいには土壌が大きな影響を与えるという考えのもと、ビオディナミ農法で栽培しています。テロワールを表現するためには、いかに樹の根を土中深くまで張らせるかが重要で、土の中の微生物の活性化にも気を配っています。2011年より40区画全てをビオロジックに統一。数年を経て、土壌の生物多様性が増し、樹の生命力が高まりました。その結果を強化するために、2018年からもう一歩進んで、ドメーヌ全体でビオディナミを取り入れ、2021年にエコセール認証とデメテール認証も取得しました。 
◆土壌の違いを表現する3つのレンジ◆ ドメーヌでは、基本的に味わいの違いはテロワールによって生み出されています。「ポートレート」は、丘の麓にあるシルト粘土質土壌の畑から。フレッシュですぐ飲んで美味しい、品種の個性を楽しむワインです。「テロワール」は、もう少し標高の高い粘土石灰質土壌の畑から。品種よりもテロワールを感じるワインで、複雑さがあり、ミネラル豊かで余韻の長いプルミエクリュのようなイメージです。「グランクリュ」は、エギスアイム村とその周辺の特級畑から。テロワールの個性が品種の個性を完全に超える味わいで、その深みと洗練さを時間をかけてゆっくり味わうワインです。フィリップのワインは、2014年にDWWAの最高賞(インターナショナル・トロフィー)を受賞し、生産者としても、厳しい評価で知られるレ・メイユール・ヴァン・ド・フランス誌で2015年から星付きドメーヌに昇格するなど、国内外の評価は高まり続けています。
ワイナリー公式HP
https://zinck.fr/
【取り扱いワイン一覧】
商品コード 商品名 年号 クラス 味わい 価格 終売 品切れ
ドメーヌ ジンク ピノノワール
2019
ACアルザス
辛口
3300

品切れ中
ドメーヌ ジンク ピノノワール ディーブマンズヴィンケル
2022
ACアルザス
辛口
6500


ドメーヌ ジンク シルヴァネール (SC)
2018
ACアルザス
辛口
2400
終売

ドメーヌ ジンク ピノブラン (SC)
2022
ACアルザス
辛口
2700


ドメーヌ ジンク ゲヴュルツトラミネール(SC)
2019
ACアルザス
やや辛
3000


ドメーヌ ジンク ミュスカ テロワール
2015
ACアルザス
辛口
3200
予定

ドメーヌ ジンク ゲヴュルツトラミネール テロワール
2015
ACアルザス
辛口
3500
終売

ドメーヌ ジンク ピノブラン ホルツヴェグ
2021
ACアルザス
辛口
4000


ドメーヌ ジンク リースリング テロワール ヴァッサーファール
2020
ACアルザス
辛口
4800


ドメーヌ ジンク リースリング グランクリュ アイシュベルグ
2018
ACアルザス特級
辛口
7000


ドメーヌ ジンク ゲヴュルツトラミネール グランクリュ アイシュベルグ
2016
ACアルザス特級
やや甘
7000


ドメーヌ ジンク リースリング グランクリュ プフェルシグベルグ
2019
ACアルザス特級
辛口
7000


ドメーヌ ジンク ゲヴュルツトラミネール グランクリュ ゴルデール
2012
ACアルザス特級
やや甘
7000


ドメーヌ ジンク リースリング グランクリュ ゴルデール
2016
ACアルザス特級
辛口
7000


ドメーヌ ジンク クレマン ダルザス ブリュット
白泡
NV
ACクレマン ダルザス
辛口
3500


ドメーヌ ジンク クレマン ダルザス ブリュット ロゼ
ロゼ泡
NV
ACクレマン ダルザス
辛口
3500


輸入元:(株)飯田   https://www.iidawine.com/