sumarroca

pdfデータはこちらから。 →ダウンロード 取り扱いアイテムはこちらから。


スマロッカ家は以前ピレネー山麓でブドウ栽培を行っていましたが、
1983年にペネデスにやってきました。当時は現セラー近辺の20haから
のスタート、カバと白ワインを造り始めました。

伝統を重んじながらも変化を恐れないスマロッカ家は年々進化を遂げ、
彼らのカバは、サンペレグリノの世界のベストレストラン50でトップに
選ばれた、スペインの三ツ星レストラン「EL CELLER DE CAN ROCCA
(エル・セージェール・デ・カン・ロカ)」でオンリストされたり、
イギリスの権威あるワインクラブでもハウスカバとして選ばれるなどの
実績を残すまでになりました。

sumarroca1

こだわりの醸造と熟成を行うカバ

高い支持を受ける秘密は、「フリーランジュースの高比率」、
「規定 より長めの瓶内熟成」という贅沢な造りにあります。
発酵に使うブドウ果汁は、トップキュヴェのヌリアで80%、通常の
カバでも60〜70%もフリーランが使用しています。

また、通常レセルバクラスの熟成における法的規定は最低15ヶ月で
すが、スマロッカでは20ヶ月以上瓶熟させ、このレゼルバクラス以上
のカバには、エチケットに「SUMARROCA」のロゴが印字され、その
品質を保証しています。更に打栓後は、味わいを落ち着かせる為、
6ヶ月保管してから出荷しています。

sumarroca

約465haの自社畑

このような贅沢な造りを可能にしているのが、現在3つのエステートに
約465ha所有する自慢の自社畑です。

・Sumarroca (スマロッカ) 403.8ha
  1999年、貴族であるマルケス・デ・モニストロルから購入した特別な畑。
  ペネデス北部にあり、やや痩せた、石灰質の粘土ローム土壌。主にカバ 用の
  ブドウを中心に栽培しています。

・Heretat Sabartes (エレタット サバルテス) 25ha
  1800年代初めに購入。ペネデス南部のバニェレス デル ペネデスにあります。
  石灰質の粘土ローム土壌で、シャルドネやミュスカなどを栽培しています。

・Moli Coloma (モリ コロマ) 36ha
  1800年代初めに購入。ペネデス北部にあり、敷地内には美しい15世紀の建
  物が残っています。砂と砂利が混ざった土壌で、テンプラニーリョやピノノ
  ワールなどを栽培しています。

sumarroca3

進み続ける 挑戦者スピリッツのワイナリー

スマロッカでは様々な品種を栽培していて、試験的なものも含めると
その数は実に350種にも及びます。
ミュスカなどの白ワイン品種では、この地域のパイオニア的存在です。
特に、El museo de las vinas『ブドウ品種の博物館』という世界の葡萄
約400種を試験的に植えている畑では、日本の甲州種も栽培されています。

更に、ペネデス以外のDOエリアでも調査と学びの為ワイン造りを行う
など、品種の個性をよりよく表現するため、ブドウの栽培方法や醸造
方法の研究にも余念がなく、最高のワイン造りをするべく革新を繰り
返す、日々進化するワイナリーです。

sumarroca4